第五部 黄金の風

ディアボロ浮上 その⑤ 感想と考察 ※ネタバレ

『ディアボロ浮上 その⑤』基本情報

週刊少年ジャンプ発表時タイトル

みんなによろしくと!

単行本収録刊

第5部『黄金の風』17 (63)

アニメ対応話

ディアボロ浮上

『ディアボロ浮上 その⑤』あらすじ

全てを跳ね除け、ディアボロが再び『矢』にかつてないほど近づく。実体を失う度に『矢』が手からすり抜けて落ちてしまうキング・クリムゾン。ディアボロは、全員の魂がそれぞれの肉体に戻りつつあることを知った。

ブチャラティは、それこそがチャリオッツ・レクイエムの弱点であると見抜いていた。ブチャラティはレクイエムの後頭部を破壊し、全ての魂は所有者の元へと戻って行った。

ディアボロの魂も、『矢』から遠く離れた元の肉体へと戻ってゆく。ジョルノはミスタを抱え、手当てをしている。ブチャラティの魂は天国へと去りつつあった。最期に彼はジョルノに、ナポリで出会えたことの感謝の意を伝えた。ジョルノも別れの言葉を言い、『矢』を高く掲げた。

非常に悲しい物語です。しかし、使命を終えたブチャラティが天に行く時、彼は真の安らぎを得たように感じました。

『ディアボロ浮上 その⑤』登場キャラクター

登場キャラクター

ディアボロ
トリッシュ・ウナ
グイード・ミスタ
ブルーノ・ブチャラティ
ジョルノ・ジョバァーナ

登場スタンド

セックス・ピストルズ
キング・クリムゾン
スパイス・ガール
チャリオッツ・レクイエム
スティッキィ・フィンガーズ

関連記事

前のエピソード

次のエピソード