第五部 黄金の風

アバッキオのすべて ジョジョ五部黄金の風の影の功績者

レオーネ・アバッキオのプロフィール

年齢:1980年3月25日生まれの21歳

血液型:A型 身長:188㎝

ブチャラティチームの一員であり、長髪の大男。紫の口紅をつけており、リアルでいたら距離をおきたい風貌しています。スタンドは戦闘向けではありませんが、元警官ということもあり、チーム内では一番腕っぷしが強いらしいです。

ジョジョを題材にした格闘ゲームではスタンドそっちのけで彼の格闘術が楽しめます。

レオーネ・アバッキオの生い立ち

アバッキオはもともと正義感が強く、高校を卒業してからは警察官になりました。しかし、職務をこなすうちに腐敗した世の中に嫌気がさし、自らも収賄などの汚職に手を染めるようになります。ある日、彼が賄賂を受け取っていたポン引きが強盗働いていたところを追い詰めました。

しかし、その犯人を捕まえることで自分の悪事がばれるのを恐れた結果、同僚の警官がアバッキオのことを庇って死亡してしまいます。その出来事により彼の汚職が明るみに出ただけでなく、相棒を死亡させたことによる自責の念により、身も心も暗黒に落ちてしまいます。

それからは昔抱いていた正義感ではなく、組織に属することで「巨大で絶対的な者」が出す命令に従う兵隊として生きることを決意するようになりました。


レオーネ・アバッキオの性格

経過になったばかりの頃の希望と腐敗した現実を目の当たりにしたためか、人をあまり信用することがありません。

特に新入りのジョルノに対しては敵意むき出しであり、初対面時は自分の小便をジョルノに飲ませる、いわゆる「アバ茶」を提供し、精神的に追い詰める気満々でしたね。

しかし、一度認めた人間に対しては忠義を尽くす性格であり、ブチャラティが組織を裏切った時には、一番最初にボートに乗り込みました。最初に敵対していたジョルノに対しても行動を共にしていくと共に情が芽生え出し、イルーゾォとの戦闘の際にパープルヘイズが姿を現した時には、必死にジョルノの命を救うために逃げるよう呼びかけをしました。

スタンド:ムーディー・ブルースの基本スペック

破壊力-C/スピード-C/射程距離-A(再生中に限る)/持久力-A/精密動作性-C/成長性-C

人型のスタンド。見た目は全身タイツで覆われたようなノッペリとしたデザインで、額にデジタル時計のようなディスプレイが付いています。

スタンドを発動させると、過去にその場所にいた人間に姿を変え、全く同じ動きを再現します。ビデオのように早送り、一時停止などの調整も可能です。再生中はその他の行動を一切取ることができなくなり、無防備な状態になってしまいます。また、明言はされていませんが、人の見た目をコピーして自由に動かすことも可能のようです。

イルーゾォ戦で、アバッキオ自身の姿に変形させ、敵スタンドの首を掴んだりもしています。能力自体は探索に特化しており、戦闘には全く適していません。作中ではイルーゾォのスタンドをボコボコにしている場合がありますが、それは相手のスタンドも戦闘向きでなかったというだけですね。

この先、アニメのネタバレ入りますのでご注意下さい!

レオーネ・アバッキオの功績

彼の最大の功績は、ボスの顔や指紋を残したことです。ボスの故郷であるサルディニア島にてボスの正体をムーディーブルースで探ることで、ついに闇に包まれたボスの正体を掴みます。

しかし、それと同時にボス本人(ドッピオ)に胸に穴を開けられてしまいます。最後の力を振り絞り、ボスの顔と手形を石版に刻み込んでから息絶えました。

どうやって石碑に刻み込んだのかは謎です。顔と手形がめり込むまで石に打ち付けたのでしょうか。謎です。さておき、彼が死亡すると想像の世界で、アバッキオのせいで銃殺された同僚が登場します。そこで彼は言うのです。

結果だけではなく、「真実に向かおうとする意思」が大切であると。そして、アバッキオ自身も、最後には真実に向かおうとする意思に従って行動することができました。すでに暗黒に落ちた時の落ちぶれた自分はなく、警官になった時と同じ志で動いていたのです。

結局彼自身が真実にたどり着くことができませんでしたが。彼の意思は仲間たちに引き継がれたのです。

死の間際、アバッキオは自らが抱えていた十字架を降ろすことができ、死なせてしまった同僚にも認められ、天国に旅立っていくことができました。戦いの中で敗れたのではなくボスの不意打ちによって死亡したので、あっけない終わりでしたが、アバッキオの魂は救われたのでしょうか。そうであることを願うばかりです。


まとめ

最初のアバ茶の仕打ちはキツすぎましたが、時が経つにつれてジョルノを認めていく様子が好きなキャラでした。ムーディーブルースの戦闘での応用について考察しようと思いましたが、どうしても思いつきませんでした。

最初アバッキオがアバ茶をするなどとても怖い行動していたのでこのキャラが嫌いだったのですが本当はとても仲間思いのある。真の姿を見てとてもかっこいいと思い印象が変わりました。今ではジョジョのなかでも特に好きなキャラになっています。